子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいのお手入れ > 畳をきれいに長持ち!

住まいのお手入れ

畳をきれいに長持ち!






最近はフローリングの部屋が増えていますが、それでも住まいづくりのとき、
一部屋は畳の部屋が欲しいものです。
きれいな畳の上でゴロリと横になると、気持ちよくなってしまいますね。

そんな畳の、お手入れについて紹介します。

● 畳を長持ちさせるポイント

一般的に畳の寿命は「表3年・裏3年」といわれますが、手入れ次第ではもっと長持ちさせることができます。そのためは、次の点に注意しましょう。

直射日光をできるだけ当てない
部屋の通風をよくし、乾燥させる
掃除機を使って、畳の目に詰まった細かなほこりを吸い取る
畳の目にそって、から拭きをする
カーペットなどを敷かない

ただ、最近は和紙畳が増えてきています。1枚当たり価格が2000〜3000円UPしますが、あまり気を使わずにすみます。

● 家具などの凹み跡を直す

タンスなどの重い家具を置いていると、そこだけ凹みができてしまいます。これを戻すには、
スチームアイロンをかけることをおすすめします。

あとは、しっかり乾燥させることです。

● 粉を落としたとき

タバコの灰を落としたり、ファンデーションなど細かい粉を落としてしまったときは、ゴシゴシ
こすってはいけません。
ますます入り込んで、取れなくなってしまいます。

こんなときは、粗塩(あらじお)をまき軽くトントン叩きます。
こうすると粉が塩にくっつくので、あとは掃除機で吸い取ればきれいになります。

 ● コゲ穴を直す

タバコなどを落として、焦がしてしまった人も少なくないはずです。
大きな穴は無理ですが、ちょっとした焦げ穴なら目立たなくすることができます。

まず、キリなど先のとがったもので、焦げた部分のい草を抜き取ってしまいます。
小さな穴なら2〜3本も抜けばなくなるはずです。

次に周りのい草を寄せて、全体をなじませます。これで、ほとんどわからなくなります。

 

住まい生活Topへ