子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいのお手入れ > たまった汚れをさっぱりと、気持ちよく

住まいのお手入れ

たまった汚れをさっぱりと、気持ちよく






急須やケトルは毎日使っているのに、軽くすすぎ洗いだけでおいてしまいませんか?
茶渋や湯垢などで汚れがこびりついていませんか?

たまった汚れをさっぱりと落として、気持ちよく使いたいものです。

急須

茶渋は一晩漂白剤につけておいて落とします。
注ぎ口は、綿棒に漂白剤をつけて洗います。

このとき漂白液が残らないように、流水でしっかりすすいでください。

レモンの絞りかすがあれば、これに塩をつけてこするときれいになります。

ケトル

内部の湯垢をきちんと洗うのは大変ですね。
こんなときは、塩水を入れて少量の酢をたらし、そのまま煮立てれば湯垢を分解してくれます。

銀食器

銀食器は表面がすぐに黒ずんでしまいます。
いざお客さまにお出ししようと思ったらくすんでいた・・・、ということのないように、
ふだんからこまめに手入れをしておきましょう。

もしも変色してしまったら、練りハミガキを歯ブラシにつけて磨くか、牛乳に10分ほど浸してから乾いた柔らかい布でふくと、驚くほどきれいになります。 

漆器

漆器には独特の臭いがあります。
この臭いは米びつに入れておくと取れます。
柔らかな布に酢つけてまんべんなくこすっても同じ効果があります。

塗り物はデリケートですから水洗いはさけましょう。

汚れをふきとったら布でふき、乾いたら柔らかな布で包んでしまいます。

 

 住まい生活Topへ