子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいのお手入れ > ふだん忘れがちな場所もきれいに!

住まいのお手入れ

ふだん忘れがちな場所もきれいに!






ふだん部屋のお掃除はまめにするけれど、サッシの溝や電気シェードなどの、汚れがたまった
まま・・・という方も多いのではないでしょうか。

そんな忘れがちな場所のお手入れ法です。

サッシの溝

皆さん一番悩まれるのがサッシの溝ですね。

外からのホコリやゴミがたまった所に雨が降ると固まってしまって、なかなかお掃除のしにくいのがここです。
サッシの建具をはずして、泥汚れなどのひどい場合は一度水をかけてしばらくおいておきます。
そして、使い古しの歯ブラシでかきだして落とします。

あまり硬いブラシでこするとアルミに傷が入ります。

油汚れの場合は住宅用洗剤で洗って、水拭きをして、最後に乾拭きをすれば完了。 

照明器具

必ず電源を切ってから始めてください。
シェードは取りはずして外でお掃除、シェードの裏側はけっこう汚れているので、住宅用洗剤でしっかりふきましょう。

蛍光灯や電球も取りはずしてから住宅用洗剤でふきます。

忘れがちなのがコードです。ここも忘れずに。

また、子ども部屋の照明は、昼明るく夜暗く調節できるとベストです。
勉強のときには、きき腕の反対から照らすように明かりをセットしましょう。

 日焼けした障子紙

日ざしの強い日光にあたると、気づかないうちに日焼けしてしまうのが障子紙です。
そのままでは、部屋を暗くしてしまいます。

こんなときは、水200佞洗濯糊小さじ1と少量の漂白剤を加えて、障子紙全体にムラなく霧吹きをします。これで、障子紙がピンと張って白くなります。 

シールはがし

どこのお宅でもありますが、子供たちがあちこちに貼ってしまうシール。
子供はこの遊びが大好きなのです。あまり叱らないでください。

しかし、無理にはがそうとすると、ちぎれて破片が残ります。

最悪の場合は、仕上げまではがして下地が見えてしまうことがあります。
よけいに汚く見えてしまいます。こんなときは無理をせず、ドライヤーでのりを温めてからはがすと楽です。

それでもだめなときは、シャンプーや石鹸水などでしばらく湿らせてからはがします。

 

 住まい生活Topへ