子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいのお手入れ > 子供の落書きやシールもコレですっきり!

住まいのお手入れ

子供の落書きやシールもコレですっきり!






子供は遊んで成長します。創造力豊かなお絵かきは大歓迎ですが、新築したばかりの家の窓や壁にまで描かれてしまうとちょっとショックですね。
しかし、「ダメ!
ダメ!」と叱ってばかりでもかわいそうです。

そんなときは、ちょっとしたアイディアを使えば大丈夫です。

透明ガラスの落書き

クレヨンなら、コールドクリームか食用油をつけた布でふけばキレイになります。
あとは、乾いたタオルで油分をふきとります。

フェルトペンの場合は、ベンジンかシンナーを布につけてこすります。

塗料がついてしまったときは、ヘラでできるだけ削ってから、ベンジンかシンナーでふけばキレイになります。

 すりガラス・型ガラスの落書き

クレヨンなら、シンナーを付けた布でふきます。
このときベンジンを使うと跡が残るので、くれぐれも注意しましょう。
フェルトペンも同じ要領でやります。

鉛筆の落書きは、消しゴムを使っても消えません。
クレンザーを布につけてふき、最後に水ぶきします。 

ビニール系の壁紙・合板

クレヨンの場合は、ベンジンかテレピン油でふきます。

水彩絵の具は水でぬらした雑巾で、鉛筆は消しゴムで消えます。

 漆喰の壁

クレヨンもフェルトペンも、ふき取りができないので難しいところです。

まずは市販の落書き落としを使ってみます。
それでも汚れが残ったら、練り歯磨きをぬれ雑巾につけて少しずつ磨きます。

いよいよダメなら、最後は細かいサウンドペーパーで削り取ります。 

窓のシール

シールの表面にカッターで細かく切れ目を入れたっぷりの水でぬらし、10分ほどおいてからヘラではがします。

接着剤のネバネバが残ったら、熱いお湯にタオルを濡らしてふけば取れます

 

住まい生活Topへ