子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいのお手入れ > 重曹で家中ピッカピカ!

住まいのお手入れ

重曹で家中ピッカピカ!






重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、重炭酸ソーダともいいます。
昔から、胃薬として用いられたり、ふくらし粉として使われたりしてきました。

最近では、体にも地球にもやさしい洗剤として話題になっています。

ここでは、台所で食器洗いやガスレンジなどの油汚れ落としに利用する方法をご紹介します。

ガスレンジ・レンジフード・グリル

ガスレンジ周りのベトベト汚れは、取るのが大変ですね。
重曹を振りかけて油と馴染ませておけばポロポロと取れてきます。

あとは、ぼろ布などでふきとります。 その際あまり水を使わないのがポイントです。

魚を焼くとき、グリルに重曹を敷き詰めて焼くと臭いがしません。
洗うときはそのまま、重曹で洗います。
 

焦げついた鍋やフライパン

焦げついた鍋やフライパンはきれいにするのに苦労します。

そこで鍋に水を張り、重曹を小さじ2杯くらい入れて沸騰させます。
火を止めて数時間放置しておくと焦げが浮き上がってきます。
残った焦げは、タワシなどでこすれば簡単に落とせます。

ホーロー製の鍋にも使えますが、アルミ製の場合は黒ずむので避けてください。 

食器

油で汚れたお皿は、まずキッチンペーパーなどで汚れをこすり取っておきます。
そのあと、重曹を振りかけて洗いおとします。

コーヒーや紅茶のシミ、茶シブ、タバコのヤニなども、重曹をこすり付けて磨くとよく落ちます。
プラスチック製の食器や容器など、傷つきやすいものの洗浄にも安心して使えます。

 まな板

魚や肉を切ったとき、臭いが残って気になりますね。
そんなときも、重曹を振りかけてタワシで洗うと、汚れと一緒に臭いも落ちます。

魚をさばいたりして手に臭いが残るときも、重曹で洗えば大丈夫です。 

流しのシンク

流しのシンクも、クレンザーのように軽く振りかけてこすれば、傷つけずにキレイになって
さっぱりします。

 スプーン、フォークの曇り

重曹をとかしたお湯にアルミはくを敷き、その上に曇ったスプーンやフォークを置いて、数時間浸けておきます。 あと水で洗い流すときれいになります。

 

 住まい生活Topへ