子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいの安全対策 > 地震時の心得十箇条

住まいの安全対策

地震時の心得十箇条





 

     地震時の心得十箇条
  (プリントアウトしていつも見る場所に張っておきましょう)  

一、まずはわが身を守ること
  ケガをすると火の始末や非難に支障が出る。身の安全確保が最優先 

二、すばやく火の始末
  あわてずに火の始末。日頃から火の周りは整理を 

三、戸をあけて出口を確保
  ドアや窓が開かなくなることがあるので、閉じ込められないように出口の確保を 

四、火が出たらすぐ消化
  出火を確認したら即消火に心がける  ※初期消火は天井に燃え移るまで3分が限度 

五、外へ逃げるときはあわてずに
  がれきやガラスなどの落下物に注意。集合住宅では階段、出口へ避難する人が殺到する 

六、狭い路地やブロック塀には近づかない
  屋外にいる場合は、学校や公園などの避難場所へ。倒壊の危険のあるところには近よらない 

七、山崩れ、がけ崩れ、津波に注意
  山間部や海岸付近で地震を感じたら、すぐに安全な場所へ避難する 

八、避難は徒歩で。荷物は最小限に
  自主防災組織などと集団で避難しよう。荷物を欲張ると避難に支障が出るので注意 

九、協力し合って応急救護
  多数の死傷者が出れば医療機関などでの対応が限界に

十、正しい情報を聞く。余震を恐れるな
  ラジオや市町村、自主防衛組織などから正しい情報を入手し、適正な行動をとろう

 

                     中越地震を経験した人からのアドバイス
                 常時、寝床に靴を置いておく
              就寝中に地震が起きると、素足のまま避難することになります。
              割れたガラスなど散乱していることがありますので、
              寝床に靴を
用意しておくとケガをせずに避難することができます。

 家族の約束
災害非常時の家族の集合場所は             に集まること。

 



 
住まい生活Topへ