子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいの安全対策 > 住まいの安全対策 : お年寄り編

住まいの安全対策

住まいの安全対策 : お年寄り編






今からは高齢化社会の時代です。
年をとると、平衡感覚や筋力・視力がおとろえて反射神経が鈍くなります。
これが原因で寝たきりになってしまう方が増えています

ここでは、お年寄りに優しい住まいづくりをご紹介します。

 トイレ

平面プランの時、最も気をつけなければいけないのが、ドアは内開きにしないことです。

お年寄りがトイレ内で倒れた時、体が邪魔になってドアが開かなくなります。
緊急時に対処が遅れます。

外開きでも、カギは外から開けられるタイプにすると、安全です。
(現在のロック錠は、ほとんどが外から開けられるタイプになっています)

そして、利き手側には縦の手すりをつけてください。

 階段

基本的には、お年よりは階段を使わないようにするのが一番いいと思います。
しかし、そんなことは言ってられない場合もあります。

まず、階段には手すりが必要です。(建築基準法上、つけることになっています)

階段板は滑りにくい素材で滑り止めをつけましょう。
(既製品の階段には、ほとんどの場合滑り止めがついています)

そしてもうひとつ、複数の足元灯をつけて明るくしましょう。

 廊下・居間

敷居は小さな段差でもつまずきやすいので、バリアフリー住宅にしましょう。
敷居の段差は3mm以下にするという規定があります。

そして、特にお年寄りの動線には開き戸はやめて、引戸にすることをおすすめします。

いずれ、子育て世代の皆さんも年をとります。
後々リフォームするより、初めから将来のことを考慮して住まいづくりをされると、建築コストの削減にもなります。 

玄関

玄関での転倒事故は意外と多いものです。

玄関ポーチから玄関に入る段差は、できるだけ低くします。

玄関と玄関ホールの床の高さは、あまり低くすぎても高すぎてもいけません。
お年寄りが、一度床に腰掛けて、上がれる程度の高さがベストです。

そして、段差のあるところに縦の手すりをつけると良いでしょう。

 

住まい生活Topへ