子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいの安全対策 > 手すりは縦・横・前の順に

住まいの安全対策

手すりは縦・横・前の順に






住まいの安全対策には、手すりは欠かせません。
手すりは、取り付ける場所や取り付け方法もいろいろあります。

ここでは、その場所と方法についてご紹介します。

家の中に高齢者用の手すりを付けるとき、まずおすすめしたいのが「縦の手すり」です。

玄関の壁や玄関収納に付けると、靴のはきかえや上り下りのときに体がふらつかず安定して
助かります。

バスルームやトイレでも、縦の手すりがあると体を起こすときにとても便利です。

縦の手すりは家の中に付いていても目立たないので、新築のときから組み込んでおいても
いいでしょう。

次に階段や廊下などに「横の手すり」を付け、そして最後にバスルームやトイレに「前の手すり」を付けると、より安全でしょう。

とくに高齢者には、トイレの壁から倒すタイプ「前方アームレスト」や「はね上げ手すり」がおすすめです。

住まいづくりをするときには、将来手すりを取り付けることを考えて、玄関や廊下・トイレなどの壁に下地材を入れておくといいでしょう。

住まいができあがった後では、下地のないところに手すりはつけられません。

 

住まい生活Topへ