子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいの安全対策 > 「緊急地震速報」 の一般提供スタート

住まいの安全対策

「緊急地震速報」 の一般提供スタート






気象庁は 「緊急地震速報」 を平成19年10月1日から一般の皆さんへの提供を始めています。
緊急地震速報を見聞きしてから、地震の強い揺れがくるまでの時間は数秒から数十秒しかありません。

その短い間に身を守る行動を取ることで、地震災害を小さくすることができます。
この速報は、NHKのテレビやラジオ、防災行政無線、集客施設の構内放送などで伝えられます。

気象庁では、緊急地震速報 「利用の心得」 として、周囲の状況に応じて慌てずに、まず身の
安全を確保するよう呼びかけています。


そこで、様々な場面において緊急地震速報を見聞きしたときに、取るべき行動を具体的に紹介
しています。



<行動の具体例>

● 屋内にいるとき
  ◆家庭では
  頭を保護し、丈夫な机の下に隠れる。
  あわてて外に飛び出さない。
  無理して火を消そうとしない。

  ◆人がおおぜいる施設では
  施設の係員の指示に従う。
  落ち着いて行動し、あわてて出口に走り出さない。

● 屋外にいるとき
  ◆街中では
  ブロック塀の倒壊などに注意する。
  看板や割れたガラスの落下に注意する。
  丈夫なビルのそばであれば、ビルのなかに避難する。

  ◆山やがけ付近では
  落石やがけ崩れに注意する。

● 乗り物にのっているとき
  ◆自動車運転中は
  あわててスピードを落とさない。
  ハザードランプを点灯し、まわりの車に注意を促す。
  急ブレーキをかけず、ゆるやかに速度を落とす。
  大きな揺れを感じたら、道路の左側に停止する。

  ◆鉄度やバスなどに乗車中は
  つり革や手すりにしっかりつかまる。

  ◆エレベーターでは
  最寄りの階で停止させて、すぐに降りる。


このように、あわてず冷静に行動するように紹介しています。
そのためにも、この速報を想定したマニュアル作成やそれに沿った訓練などが求められています。


 

住まい生活Top