子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 暮らしの知恵 > 電子レンジのいろいろな使い方

暮らしの知恵

電子レンジのいろいろな使い方






電子レンジといえば、残り物をもう一度あたためたり、牛乳や冷凍食品を加熱したり・・・と、
そんなことだけに使っていませんか?

もっと便利でいろいろな使い方がありますので、ご紹介しましょう。

残り物の保存の前にひと加熱

残り物を冷蔵・冷凍保存するときは、一度レンジで加熱しておくと殺菌効果が出て、保存期間を長くできます。 加熱するときはラップをして、ラップが蒸気で曇る程度に加熱すれば十分です。
よく冷ましてから冷蔵庫に保存してください。

 哺乳瓶や竹べらの殺菌に

哺乳瓶は洗って水滴がついたままレンジに入れ、乾くまで加熱するだけで殺菌できます。

また木べら、竹箸、巻きすなども同じように、レンジで過熱し殺菌しておくと、
カビから守ることができます。
 

豆腐の水切りや油揚げの油切り

豆腐の水切りは2〜3時間前から準備しなければなりませんが、これも耐熱プラスチックのざるに
乗せ、レンジで加熱すれば、半丁なら20秒ほどで水切りができます。

また油揚げは、お湯を沸かさなくても油切りができます。 まずペーパータオルにつつみ、1枚なら
1分ほど加熱します。 この後ペーパータオルの上から押して油を吸わせれば完了です。
 

 しけった海苔や煎餅をパリパリに

開封した海苔は密閉容器に入れておいても、いつのまにかしけってしんなりしてしまいますね。
そんなときは、一度に一枚ずつペーパータオルに乗せて、30秒ほど加熱するともとに戻ります。

またお煎餅も同じようにペーパータオルに乗せて加熱し、しばらくさましておくとパリッとします。
湿り具合との兼ね合いで、様子を見ながら加熱時間を調節してください。

 

住まい生活Topへ