子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 暮らしの知恵 > ちょっと便利な石油ファンヒーターの使い方

暮らしの知恵

ちょっと便利な石油ファンヒーターの使い方





現在は家電屋さん、ホームセンターといろいろな暖房器具が出ています。
その中でも燃料代が安くてすぐに暖まる石油ファンヒーターを重宝している家庭が多いですね。

そこで、覚えておくとちょっと便利な「石油ファンヒーターの使い方」をご紹介します

灯油を素早く入れる

暖かいファンヒーターも、灯油タンクが空になってしまったら、寒い外に出て注ぐのはいやですね。
灯油を少しでも素早く入れたいですね。

電動式灯油ポンプを使っていても、さらに一工夫すると半分くらいの時間で給油できます。
それは、灯油の入ったポリタンクをブロックなどの上に乗せて、そこから燃料タンクに給油します

こうすれば落差により圧力差ができて、同じ高さで行うより給油スピードがぐんとアップします。 

灯油をこぼしたとき

給油するときや燃料タンクを出し入れするとき、床に灯油をこぼしてしまうことがありますね。
いくら拭いても臭いがとれず、場合によってはシミになって残ってしまうこともあります。

こんなときは、洗濯用の合成洗剤の粉をふりかけると、臭いもシミも残らずきれいに取り去ることができます。
まずこぼれた灯油を粉に吸いとらせ、ほうきで掃き取ります。
あとは、こぼした場所を住宅用洗剤でふいて、最後に水ぶきすれば完了です。
 

手についた灯油の臭いをとる

手についた灯油の臭いは強烈で、ふつうに石けんで洗ってもなかなかとれませんね。
しかし、手にサラダ油をつけてもみこむようにしてみましょう。

そのあと石けんで洗えば、灯油のイヤな臭いが落とせます。

 石油ファンヒーターを片付ける

片づけるときには灯油タンクを必ず空にします。 灯油を残しておくことはやめましょう。

また、タンクの中もきれいにします。空タンクに新しい灯油を少量入れてよく振りゆすいで捨てます。本体も汚れた灯油が残らないように、ボロ切れで拭きとります。

 

住まい生活Topへ