子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 安くていい家を建てる方法 > 建て前

安くていい家を建てる方法

建て前





今回は基礎工事が終わっていよいよ 「建て前(たてまえ)」 です。

普段「建て前」というと 「あの人は本音と建て前が違う」
などという具合に使われ言動が一致してない事を言い表しますよね。

本来は 「建て前」 というのは家屋の建築用語で、
柱や梁などの主な骨組みを組み立てることを言います。
棟上げ(むねあげ)、建舞(たてまい)ともいいます。

建て前のとき行われる上棟式(じょうとうしき)とは、
日本で建物の新築の際に行われる神道祭祀です。
なお
仏教でも上棟式は行われます。

竣工後も建物が無事であるよう願って行われるもので、
通常、
などの基本構造が完成して棟木を上げるときに行われます。

鉄筋コンクリート造のビルの場合でも、
主要な構造ができあがった時期に行われることもあります。


実際こうなってくると基礎工事の段階では
わからなかったスケール感や建物の形が
だいぶわかるようになってきてテンションも上がってきます。

プレファブ住宅などではピンと来ないかもしれませんが
在来木造住宅などでは、地域によって
この建て前のときに施主が棟梁をもてなす風習もあります。

昔と違い現在ではこのもてなし次第で家の出来が変わる
というようなことはほとんどないでしょうが
特に年配の方などにはそういう意識が強く
一生懸命に棟梁や職人をもてなしている方をよく見ます。

でも、職人さんも人間ですから施主に良くしてもらったら
一生懸命良い仕事して、良い家を造ろうと頑張りますよね。



住まい生活Topへ