子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 安くていい家を建てる方法 > 工事中の変更

安くていい家を建てる方法

工事中の変更





今回は大工さんの工事が進んできて、だいぶ雰囲気が
つかめてきたところで 「変更したい所が出てきたら・・・」
どうするか? です。

あれだけ時間をかけて、あれだけ悩んで打ち合わせした
はずなのに何故か? こういうことは起こります。

仕様書や図面だけでは 「なかなかわからない!」 のが現実です。

「あ〜やっぱりこうしておけば良かった」
と後悔してもなにも始まらないし

「だから言ったじゃん!」 と夫婦喧嘩しても仕方ないです。
なんの解決にもなりません。

こんな時はとにかく一刻も早く住宅会社に連絡しましょう。
「ちょっと現場見せてもらって思ったんですけど・・・
○○
って変更できますか?」 と。

結論から言うとある程度の変更はだいたい出来ます。

ただし・・・
1.工期が遅れる
2.費用がかかる
のがほとんどです。

さっき一刻も早くといったのはこのためで、
例えばまだ変更したい部分の材料が発注されていないとか、

大工さんが明日そこを作る予定だったけど、今日なら
まだストップがかけられるから他のところを造っていてもらうとか

そんなことが可能な場合もあるのです。

一度作ってしまった物を壊して作り直すのはとても切ないですし。
連絡は1日でも早い方がいいのです。

「一日の差で何とか費用もかからずに変更できた」
こともあれば、
「もう1日早く言ってくれたら・・・」
ということも今までに何度もあります。

ただし、こんな場合は対応できない
場合もあるので覚悟しておいて下さい。

それは構造に関する部分。つまり建物の要になっている
柱や梁をいじるのは難しいケースも多いのです。

それと法規にかかわる部分は難しいというか
違法建築になってしまうので対応できません。

本当は図面のとおり進めるのが一番良いのですが
なかなかうまくいかないのが住まいづくりです。



住まい生活Top