子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくりノート > 気ままなアパート暮らしは危険がいっぱい?

住まいづくりノート

気ままなアパート暮らしは危険がいっぱい?





多額な住宅ローンを背負うことを怖いという人は多いですよね。

では、あなたは家賃を払ってアパートを
借りていることを怖いと思ったことはありませんか?

「怖いと思ったことはない」 と言われる方が多いのではないでしょうか。
でも、ほんとにそうなのでしょうか。


住宅ローンには生命保険が付保されています。

住宅ローンは、高額のため、長期にわたっての返済になるのが通常です。
返済期間中に、万が一ということがないわけではありません。

そんな時のために、

団体信用生命保険 (通称「団信」と言われています) は、
住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、
本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。

金融機関が、ローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むもので
掛け金も安く、また加入時年齢による保険料の違いなどもありません。

もし団信に加入していない場合に一家の大黒柱に万が一のことが起こったら、
残された家族が住宅ローンを返済し続けなくてはなりません。


ですから、万一があった時には返済の必要ないマイホームが残ります。


しかし、アパートに住んでいる人に万一のことがあっても
残された家族は、その後ずっと家賃を払い続けなければなりません。

マイホームは保険でもあります。
あなたもぜひマイホームを持って幸せな住まい生活を送ってください。



住まいTop