子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくりノート > ローンの金利はいつ決まるの?

住まいづくりノート

ローンの金利はいつ決まるの?





住宅ローンの金利は申し込み時ではなく
融資実行時に決まるのがほとんどです。

例外的に申し込み時の金利と実行時の金利の
低い方を選択できる金融機関も出てきています。
競争激化の恩恵といえます )



新築の場合、申し込み時と融資実行時に
かなりタイムラグがあるので、その間に
金利が上昇してしまうリスクもあります。


実際に利用する住宅ローンの金利のことを 「適用金利」 といいます。
住宅ローンの説明書にはこの 「適用金利」 は 「実行金利」 が適用されます
と、記載されている場合があります。


「実行金利」 とは借入金の融資実行日時点の住宅ローン金利のことです。


現在は、金融機関等の住宅ローンや 【フラット35】 の適用金利はほとんどが 「実行金利」 で、住宅支援機構の機構融資や財形住宅融資だけが 「申し込み時点の金利」 が適用金利になっています。

つまり、皆さんが金融機関等の住宅ローンや 【フラット35】 を利用する場合は、
申込みをした時点の金利でなく、実際に借り入れをしたときの 「実行金利」 が適用されるケースがほとんどです。



住宅ローンの融資が実行されるのは、
物件が完成してその所有権が住宅ローンの契約者に移り、
金融機関の抵当権 (担保設定) の登記が完了したその時点です。

適用金利が決まるのも、この時点であるということを覚えておきましよう。

補足ですが、皆さんの口座に借入金が振り込まれるのは、
適用金利が決まり融資が実行された後になります。




住まいTop