子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 失敗しない土地選び 2 > お値打ちの土地を、安く手に入れる方法

失敗しない土地選び 2

お値打ちの土地を、安く手に入れる方法




『お値打ちの土地を、安く購入する・・・?』
こんないい方法があれば、資金計画するのに本当に助かりますね。

ここでは、”お値打ちの土地を、どうすれば安く購入できるか?” について、
少し突っ込んだお話をしたいと思います。

まず、そのためには良きアドバイザーを見つけて、あなたと協力し合っていくことが大切です。

 

●誰よりも先に最新情報を得る

不動産屋さんから最新情報が出たからと、問い合わせしてみたら、欲しいなと思う所はすでに
「済」になっている。 と、いう経験はありませんか?

これには、訳があります。
その土地は最新情報の出る3ヶ月〜半年前には、すでに買い手が決まっているのです。
残っているのは、決して安くはないし、あまり欲しいとは思わない土地です。

ですから、土地探しはもっと以前から計画をたてて、不動産屋さんに『宅地分譲する予定があれば、連絡してください』 と、頼んでおきます。
そして、不動産屋さんと仲良くなっておくことです。

分譲地で売れ残っている、お値打ちの土地を探す

この場合、気を付けて頂きたいのは、売れ残っている土地には何か売れないわけがあります。

 土地の値段が高い
 土地の形状が悪い
 土地への入り口が狭い
 土地の間口が狭い
 土地の方位が悪い
 土地が、2つの道路により、挟まれている

など、いろいろあると思います。
しかし、こんな土地ほどお買い得なのです。

家族にはそれぞれ違った、文化があります。
考え方も生活もみな違います。

この、ひとつひとつがクリアできれば、あなたにとっては十分です。
完璧な土地などありません。

後は値段交渉するだけです。
売れ残っている土地なので、不動産屋さんも安くしてくれます。
不動産屋さんは早く売ってしまいたいのです。

●個人の地主さんと直接交渉する

これは、ほとんど土地情報の出ない所で購入する方法です。
不動産屋さんを調べても、これといった土地情報がない地域があります。

しかし、あなたはこの地域に住みたいと思う時です。
まず、売りたがっている地主さんを見つけることです。
値段を安くしてくれることが多いです。

ただ、直接交渉は条件によっては、購入する覚悟が必要ですから、中途半端な交渉だけは
おやめください。

繰り返しますが、この土地探しはなかなか難しい面が多いので、
ぜひ、良きアドバイザーを見つけて、協力し合ってやってください。

 

住まい生活Topへ