子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくりと生命保険 > あなたの幸せな住まい生活を、守ってくれる団信とは・・・

住まいづくりと生命保険

あなたの幸せな住まい生活を、守ってくれる団信とは・・・






住まいづくりに携わっていて、いつも思いますが、団体信用生命保険( 団信 )をご存じない方が
本当に多いのです。

住宅会社の営業マンも詳しく説明しません。
そもそもよく知らないというのが、現実なのかもしれません。
 

簡単にいえば、住宅ローンの『保険』もしもの時の『 生命保険 』です。
一家の大黒柱に万一のことがあった場合、保険会社が住宅ローンの残金を払ってくれ、
遺族の『住まい生活』を守ってくれる制度です。
掛け金も安く、加入時年齢による条件の差がなく、メリットの多い保険です。


銀行ローンの場合は、団信保険への加入が義務付けられています。
住宅金融支援機構( 旧住宅金融公庫 )の場合は、任意加入となっています。
しかし、任意とされる機構でも実質的には95%以上の方が加入しています。
この現状から見ても、無視できない制度であることは間違いありません。


気を付けていただきたいのは、この銀行の場合、ローン申し込み時に一括払いする『 外枠方式 』とローン金利に含めてしまう『 内枠方式 』とがあります。
しかし、内枠方式をとっている銀行が多いため、保険料が無料と勘違いされる方が多いようです。


機構の保険料は、ローン残高100万円あたり約2,810円です。
元金の返済が終わるまで、これを毎年支払っていきます。
銀行の『内枠方式』場合、通常ローン金利に0.3%程度が上乗せされます。
『外枠方式』は、一括払いなので『内枠方式』より、安くてすみます。


ただ、「 繰上げ返済 」を利用して、ローン残高が減少しても、すでに支払った保険料は
戻ってきません。

住宅ローンを検討されるとき、金利に敏感な方でも、団信の保険料を調べることまでしていないのが現状です。
あなたは、これを機会に団信保険を勉強されて、少しでも諸経費を節約しましょう。

この団信は、住宅ローンを組まれた方は、ぜひ加入していただきたい保険です。


しかし、どんなに収入があり、返済能力があっても、加入できない場合があります。
通常、住宅ローンの仮審査申し込みの段階で『 団体信用生命保険申込書兼告知書 』に必要事項を
記入します。
この告知書を元に、申込み先の保険会社の基準により、保険に加入できるかどうかを判断します。


生命保険料は家計に占める割合が、住宅ローンの次に大きいものです。
幸せな住まい生活を手に入れるためにも、ぜひ生命保険の見直しをしてください。


団信はあくまで住宅ローンの保障です。
もし万一、長期の病気での入院生活を強いられた場合の医療保険の充実はかかせません。
ぜひ、この機会に『 どの保険が必要か? 無駄か? 』を検討してください



住まい生活Topへ