子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 建築関連法律と木造住宅

建築関連法律と木造住宅





建築基準法と木造住宅の構造安全性について

この章は少し堅苦しい話になるかもしれません。
しかし、実際に建築基準法と木造住宅がどのような関わり方をしているのか?
を、ご存じない方が多いかと思います。

「建築基準法と木造住宅の構造安全...」詳細はこちら

耐震改修促進税制の概要


国土交通省は、重点施策として 「災害に強い国土づくり」 を掲げ、耐震強化を大きな柱の一つに位置づけました。

その目標は、現在75%である住宅・建築物の耐震化率を3年間で80%に高め、10年間で90%に引き上げるというものです。

「耐震改修促進税制の概要」詳細はこちら

住生活基本法の概要

「住生活基本法」 とは、これまでわが国の住宅政策の根幹を担ってきた 「住宅建設計画法」 に代わるものとして打ち出されたものです。

「住生活基本法の概要」詳細はこちら

住生活基本法の基本理念

ここでは、「住生活基本法」 の基本理念について、ご紹介します。

 

「住生活基本法の基本理念」詳細はこちら

住生活基本法の基本計画

「住生活基本法」 の理念を実現していくために、基本的な計画として 「住生活基本計画」 を定めていかなければならないとしています。

 

「住生活基本法の基本計画」詳細はこちら

「これからの重点政策 〜次世代に引き継ぐ国土づくり・くらしづくり〜」 その1

我が国は、本格的な人口減少・高齢化社会の到来、急速な経済のグローバル化、地球環境問題の深刻化、環境や美しさを重視する国民の価値観の変化など、歴史的な転換期を迎えています。

 

「「これからの重点政策 〜次世代...」詳細はこちら

「これからの重点政策 〜次世代に引き継ぐ国土づくり・くらしづくり〜」 その2

前頁5つの政策の中から、建築や住宅に関する項目を抜粋してみました。
全文は、国土交通省HP (報道・広報)をご覧ください。

「「これからの重点政策 〜次世代...」詳細はこちら

住み継ぐ住まい 「200年住宅」

最近の住宅業界で注目を集めているのが 「200年住宅」 です。

「住み継ぐ住まい 「200年住宅...」詳細はこちら

「200年住宅ビジョン」の概要

自民党の政務調査会住宅地地調査会が 「200年住宅ビジョン」 を打ち出し、何世代にもわたる 「超長期住宅」 の実現をめざしています。

「「200年住宅ビジョン」の概要」詳細はこちら

「200年住宅」 の固定資産税を1/2 に


国土交通省の2008年度税制改正要望に対する結果がまとまりました。
住宅分野で、政府が打ち出した政策の柱の一つで 「200年住宅」 の普及を図るため、
優遇税制を創設するというものです。

 

「「200年住宅」 の固定資産税...」詳細はこちら

「200年住宅の実現・普及」 に向けたロードマップ


「200年住宅」 の実現に向けて、具体的な動きが始まっています。
自民党の政務調査会住宅土地調査会が、まず始めに 「200年住宅実現・普及」 に向けた
ロードマップを策定しました。

「「200年住宅の実現・普及」 ...」詳細はこちら

建築士の信頼回復


建築士の信頼回復が目的で、新たな専門家を設け適合性のチェックを受ける制度を導入

この度、建築士法の改正案が出されましたが、現在その具体的な内容は検討中です。
これは、2008年12月までに施行する予定となっています。

 

「建築士の信頼回復」詳細はこちら

構造設計と意匠設計


建築士といっても色々な建築士がいます。 1級建築士、2級建築士、木造建築士いずれも
国家資格です。

それぞれに受験資格があり、テストを受けて資格を取ります。 合格率は20%を切ります。

「構造設計と意匠設計」詳細はこちら

確認・検査を厳格化 


確認申請時に後々変更がないプラニングを


改正建築基準法のポイントは、一定以上の高さの建築物について 「構造設計審査」 を義務づけて、これを 「指定構造計算適合性判断機関」 が審査します。

「確認・検査を厳格化 」詳細はこちら

瑕疵担保の資力確保を


今回の法改正の中で、特に一戸建て住宅に関して、一番注目されているのが特定瑕疵担保責任法の行方ではないでしょうか。

「瑕疵担保の資力確保を」詳細はこちら

瑕疵担保責任の履行のために「保険」か「供託」が義務づけに


平成19530日、新しい法律 「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律
(住宅瑕疵担保法)が公布されました。

「瑕疵担保責任の履行のために「保...」詳細はこちら

国交省社整審、“200年住宅”普及へ


国土交通省の社会資本整備審議会は、「住宅宅地分科会」 を開き、200年住宅 普及に向けた答申案 “長期にわたり使用可能な質の高い住宅を整備・普及させていくための方策”についてまとめました。

 

「国交省社整審、“200年住宅”...」詳細はこちら

200年住宅認定条件に 「住環境の確保」 を確認


「住宅宅地分科会」、新管理方式や新ローンの開発も提示


国土交通省の社会資本整備審議会 「住宅宅地分科会」 は 「長期優良住宅普及促進法案」 における具体的な施策展開に関して、最終的な議論を詰めました。

 

「200年住宅認定条件に 「住環...」詳細はこちら

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律案」 が閣議決定


国土交通省より提出されていた 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律案」 が
2008年2月26日閣議決定されました。 
施行日は、「公布の日から6ヵ月以内」 と規定されています。

 

「「長期優良住宅の普及の促進に関...」詳細はこちら

「200年住宅」の提案、「性能」では大差なし


200年住宅」 (長期優良住宅促進法) の促進に向けて、先導的なモデル事業に130億円
もの補助金が投入されるとあって、戸建住宅業界が熱い眼差しを注いでいます。

「「200年住宅」の提案、「性能...」詳細はこちら

「長期優良住宅モデル事業」 の募集開始 その1


国土交通省は、「長期優良住宅普及促進法」 に関連し、先導的な材料・技術・システム等が導入された長期優良住宅のモデル事業を支援する 「超長期住宅先導的モデル事業」 の募集を2008年4月14日から開始しました。

「「長期優良住宅モデル事業」 の...」詳細はこちら

「長期優良住宅モデル事業」 の募集開始 その2


国土交通省は、いよいよ100年超の耐久性を有する超長期耐用住宅 「200年住宅」 を実現する先進的な材料、技術などを対象としたモデル事業の募集(第1期) を開始しました。

 

「「長期優良住宅モデル事業」 の...」詳細はこちら

「瑕疵担保法」 の完全施行に合わせ、宅建業法規則見直し

国土交通省は、来年2009年10月1日からの特定住宅瑕疵担保責任履行確保法の完全施行に合わせ、「宅地建物取引業法施行規則」 と 「宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方」 を改正します。

「「瑕疵担保法」 の完全施行に合...」詳細はこちら

3世代を超える耐久年数に 「200年住宅」 で認定基準案

国土交通省は5月22日、良質で耐久年数が長い 「200年住宅」 の認定基準案を社会資本整備審議会住宅宅地分科会に提示しました。

 

「3世代を超える耐久年数に 「2...」詳細はこちら

国交省、「長期優良住宅」 の認定基準案まとめ


今国会に提出された 「長期優良住宅普及促進法案」は住宅の長期利用を進めることが狙いです。
この法案に関連して、国土交通省は 「長期優良住宅」 の認定基準案をまとめ、社会資本整備審議会住宅宅地分科会に提示しました。

「国交省、「長期優良住宅」 の認...」詳細はこちら

『長期優良住宅』 『住宅・建築物省CO2』 モデル事業に高い関心!


国土交通省は、平成20年4月11日〜5月12日まで受け付けていた「超長期住宅先導的モデル事業」 と 「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」 の第1回応募状況を発表しました。

「『長期優良住宅』 『住宅・建築...」詳細はこちら

国交省 工事監理業務の適正化


国土交通省は、工事監理業務の適正化に向け、年内にガイドラインを作成します。

1979年に定められた現行の旧建設省告示1206号では、
建築士が設計の延長として工事監理も実施する前提で作成されていることから、
設計と工事監理業務の線引きがあいまいになっています。

「国交省 工事監理業務の適正化」詳細はこちら

伝統木造構法/建築基準法に合致した設計・施工


『伝統木造構法』の技術や性能を検証して総合的に評価し、建築基準法に合致した設計・施工ができるようにしようというプロジェクトが始まりました。

「伝統木造構法/建築基準法に合致...」詳細はこちら

瑕疵担保履行法を周知徹底/国交省


国土交通省は、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」(住宅瑕疵担保履行法) が2009年10月に本格施行を迎えるにあたり、全国の宅建許可業者13万社と建設業許可(建築一式、大工)25万社を対象に、体制整備および周知活動をすすめます。

「瑕疵担保履行法を周知徹底/国交...」詳細はこちら

子育て支援の住宅関連減税を新設/内閣府など


内閣府、厚生労働省、国土交通省は、3世代が同居したり2世帯が近隣に住まいを設けたりする
場合に、住宅関連諸税を軽減する措置を新設する方針を決めました。

「子育て支援の住宅関連減税を新設...」詳細はこちら

中古住宅の性能や履歴明示 義務化も/宅建業法見直し


国土交通省は、中古住宅の取引を活性化させるため、宅地建物取引業法(宅建業法)の見直しに向けて本格的な検討に乗り出しました。

「中古住宅の性能や履歴明示 義務...」詳細はこちら