子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 建築関連法律と木造住宅 > 住生活基本法の概要

建築関連法律と木造住宅

住生活基本法の概要





「住生活基本法」 とは、これまでわが国の住宅政策の根幹を担ってきた 「住宅建設計画法」 に代わるものとして打ち出されたものです。

これからの 「住生活」 の施策の基本的な方向性を定めています。
つまり、「数の充足」 から 「住生活の満足」 「量から質」 への転換です。


一昨年、ちょうど戦後60年を迎えましたが、この60年間、人口と世帯数は増え続けてきました。

こうしたなかで、特に戦後30年の間は圧倒的な住宅不足を解消するため、住宅の数をいかに
増やすかが最大の課題でした。



ただ、世帯数を上回る住宅が建設され、人口が減少傾向におちいるなかで、住生活そのものに
対する満足度は、けっして高くはありません。


住宅の数こそ増えたものの、生活の豊かさを実感するまでにはいたっていません。
こうした中、いよいよ行政が 「国民の住生活を豊かにする」 ことを施策の正面に据えたものです。

これが、「住生活基本法」 です。


住生活基本法

 住施策の基本理念を定める。
 国、地方公共団体、住宅関連事業者の責務を明らかにする。
 住生活基本計画を定める。

というものです。



住まい生活Topへ