子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 建築関連法律と木造住宅 > 確認・検査を厳格化 

建築関連法律と木造住宅

確認・検査を厳格化 






確認申請時に後々変更がないプラニングを


改正建築基準法のポイントは、一定以上の高さの建築物について 「構造設計審査」 を義務づけて、これを 「指定構造計算適合性判断機関」 が審査します。

一定の高さとは、木造では 「高さ13mを超える、または軒の高さ9mを超える」 となっています。
木造一戸建て住宅ならば、3階建て住宅には必要とされています。
通常の2階建てでは、構造計算審査の必要はありません。

また、建築確認の審査機関が現行の21日から35日 (最大70日まで延長可)
まで延長されました。

もう一つ、重要なポイントが建築確認の審査方法の厳格化です。

従来、設計図書に法令に適合しない箇所がある場合は、建築主事が申請者に連絡し、補正させた上で確認していました。

しかし、今回の改正では誤記や記載漏れなどを除いて、設計図書の差し替えや訂正がある場合には、再申請を求めています。

ですから、最初の申請段階で後々の変更がないように、プラニングしておかなければならないということです。


すでに、新基準での確認申請の受付が始まっていますが、現場では混乱も起こっています。
審査側、申請側の双方に情報が不足しているため、確認申請の作業が滞っています。


こうしたなか、国土交通省は 「改正建築基準法に対する現場からの指摘事項・質問事項」 を公開しました。 また、(財)建築行政情報センターでも 「改正建築基準法関連コーナー」 を設置して対応しています。



住まい生活Topへ