子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 建築関連法律と木造住宅 > 『長期優良住宅』 『住宅・建築物省CO2』 モデル事業に高い関心!

建築関連法律と木造住宅

『長期優良住宅』 『住宅・建築物省CO2』 モデル事業に高い関心!






国土交通省は、平成20年4月11日〜5月12日まで受け付けていた「超長期住宅先導的モデル事業」 と 「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」 の第1回応募状況を発表しました。

超長期住宅モデル事業
今国会での成立を目指す 「長期優良住宅普及促進法」をもとに、今年度予算で確保した約130億円より、事業者が建築した長期優良住宅に対し、通常の建築費との差額の3分の2を補助金として助成・支援するというものです。

住宅・建築物省CO2推進モデル事業
家庭部門・業務部門のCO2排出量が増加傾向にある中、住宅・建築物における省CO2対策を強力に推進し、住宅・建築物の市場価値を高めるとともに、居住・生産環境の向上を図るため、省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを、国が公募によって募り、予算の範囲内において、整備費等の一部を補助するものです。

このモデル事業の第1回応募状況 

超長期住宅モデル事業」 (5部門で募集した結果)

●住宅の新築  507件 (戸建て476件、マンション31件)
●既存住宅等の改修  29件
●維持管理・流通等システムの整備  48件
●技術の検証  13件
●情報提供・普及  53件

以上650件にのぼっており、住宅・不動産業界の関心の高さを反映しています。


住宅・建築物省CO2推進モデル事業

戸建て住宅が100件、マンションが5件、非住宅である建築物に係るものが15件の応募がありました。

事業の内容別では
●新築に対する提案事業  90件
●既存の改修に対する提案事業  22件
●省CO2マネジメント  4件
●省CO2の技術検証  4件

となっています。

両モデル事業とも、7月上旬をメドに学識経験者からなる評価委員会が支援対象となるモデル事業を選定することになっています。



住まい生活Top