子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり始めの一歩 > 高級住宅とローコスト住宅は、一体何が違うの?

住まいづくり始めの一歩

高級住宅とローコスト住宅は、一体何が違うの?





あなたは、高級住宅とローコスト住宅は、一体何が違うのかご存知でしょうか?
家の素材や仕様、設計のこだわりなどは、正直いってわからないのが本当だと思います。

あなたが見学会に行ったとき、住宅を供給している側の会社は、そのこだわりを一生懸命説明しようとします。

しかし、家の仕様や機能を見たり、説明されてもそれが一体いくらのものなのか?
高いものなのか? 安いものなのか? 判断するものさしがありません。

そのため、4000万円以上もする住宅を見て 「高級住宅」 だと勝手に判断してしまいます。
しかし、4000万円するからといって、すべてが高級住宅とは限りません。

“見た目”の演出が非常にうまいから、あなたはその値段に納得してしまいます。

一方、ローコストを売りにしている住宅会社でも、素材や仕様、設計にこだわり、価格も半額に近い住宅を消費者に供給しているところもあります。

それでもなぜ、“ローコスト住宅”というだけで、消費者はランクを下げてしまうのでしょうか?
これは“見た目”にあるようです。

この“見た目”には 「空間演出」 と 「色彩演出」 があります。
人は“見た目”で80%以上の情報判断をしてしまいます。

そして、多くの消費者は色の好みによって買うか、買わないかを判断します。
人それぞれに好みの色がありますが 「高級住宅」 はこの“見た目”を良くして消費者にアピールしています。

ローコスト住宅を供給している会社にも、この“見た目”を良くする努力をしているところは、たくさんあります。
あなたもぜひ、見た目の良い 「安くていい家」 を手に入れられることを心より願っています。


住まい生活Topへ