子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり始めの一歩 > 持ち家と賃貸どちらが得?

住まいづくり始めの一歩

持ち家と賃貸どちらが得?






内閣府の「住宅に関する世論調査」では、住宅の所有についてどのように考えるか聞いたところ、
「所有したい」とする人の割合が79%です。

 

住宅を「所有したい」とする理由は、「同じところに安心して住み続けたいから」と答えた人の割合が55%で、2人に1人が定住志向を望んでいる結果がでています。

続いて、約24%の人が
「長い目でみると所有したほうが有利だから(資産価値があるから)」となっています


一方、
住宅を「所有する必要はない」とする『賃貸派』は12%。
その理由を聞いたところ、「多額のローンをかかえたくないから」と答えた人が約29%で、
賃貸派は、借金を抱えることに不安を感じている人が多いようです。

少し気になるの
は「資産価値として期待できないと思うから」と答えた人の割合が約5%あったことです。


それでは、一体、持ち家と賃貸とでは、どちらが得なのでしょうか?

しかし、どちらが得だとは、一概には言えません。
それぞれに、メリット・デメリットがあります。

一番大切なことは、あなたがどう考えるかです。
持ち家がいいのか? 賃貸がいいのか?

ご夫婦、そして、ご家族のみなさんで、納得のいくまでとことん話し合ってみてください。
決して焦ってはいけません。

一番大切なことは、家族の幸せを願うあなたが、どうしたいかということです。



住まい生活
Top