子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり始めの一歩 > 相見積もりをするメリット・デメリット

住まいづくり始めの一歩

相見積もりをするメリット・デメリット






前回は真剣に検討する建築業者は2〜3社に絞り込みましょう。
ということでしたね。
この業者にプランと予算を出してもらうということです。

これはなかなか大変な作業です。
相当な時間と手間がかかります。

運命の業者に出会ってから契約に至るまでの
図面や見積もりをまとめるのに、早くても1ヶ月くらいは掛かります。


ところで相見積りをするメリットってなんでしょう?

・競争相手があったほうが安くしてもらえるんじゃない!
・金額や仕様が妥当なのか比較検討の目安になりそう!
・見積もりに落ちなどが無いか、チェックするのに役に立ちそう!

などと、あなたはお考えだと思います。


では、デメリットってなんでしょう?

あなたと打ち合わせをし、図面や見積もりを出す業者のほうも、
あなた以上に労力がかかるはずですよね。

その業者は「ボランティア」でそれをするわけではありません。

会社は従業員に給料を払っているのです。
お金がかかっています。

しかし、業者によっては「設計・見積もりは無料です」と
いうところもあります。

そういうお金は見積書にのっていませんが
確実に経費としてあなたの建築費に上乗せされているのです。

例えばあなたが3社に図面見積もりを依頼していても、
最終的に選ばれるのはもちろん1社ですね。

その2社は断られるのに図面や見積もりをつくる。
図面や見積もりは無料の業者の場合は
その労力に対する経費は、あなたからは回収できません。

ですから、その経費はあなた以外の
お客さんの建築費に上乗せされているのです。

逆に言えば、あなたの建築費にも
あなた以外の方の経費が上乗せされているということなのです


こういった業者は、
いい家を安く手に入れたい方には向かないのかもしれませんね。


「私の会社のこと・建物のこと・そして私自身をよく知っていただき、
私もお客様のご家族のこと資金のこと要望などをよく知ってから
でないとご提案はしません」
と、言う業者の方が信頼できるのではないでしょうか。

信頼関係の無いところに良い住まいづくりはあり得ないですからね。



住まい生活Top