子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり始めの一歩 > 現場見学会で聞いておきたいこと その3

住まいづくり始めの一歩

現場見学会で聞いておきたいこと その3






前回は 「現場見学会で聞いておきたいこと その2」
流行っている住宅会社を選びましょう! ということでした。

今回はその他にぜひ、聞いておきたいことをご紹介します。

現場見学会に貴重な時間を割いて出向く一番大切なことは
住まいづくりを一緒にしていくパートナーか?
どうか見極めることでしたね。

質問はどんなことでもいいのですが
その中でも、パートナーを選ぶための
大切な質問があります。


質問 1

「営業マン、現場監督、アフターサービスのスタッフの人数は?」

この人数の割合は、住宅会社の住まいづくりに対する
取り組み方がよく分かります。

ここで重要なのは会社の規模ではありません。
営業偏重型の会社ではないかどうか? を見極めたいのです。

住まいづくりの要になる現場監督や
住まい始めてからの相談の要になるアフターサービスのスタッフが
営業に対して少ないということは心配ですよね。

これも住宅会社によって意外と差があります。


質問 2

「実際の工事は誰がやるの? 下請けがやるの?」

どんなに人柄のよいしっかりした
良い営業マンと出会えたとしても
その人が工事をする訳ではありません。

あなたの家を実際に施工するのは職人さんです。

その人達がどういった人なのか?
あなたが住まいづくりを任せる住宅会社とどういう関係にあるのか?
きちんと確かめておきましょう。

家が完成するまでには、様々な業種の人達が携わります。
下請けはなくてはならない存在です。

下請けを使うのが良いとか悪いとか言うことではなく
それを全く知らないまま住まいづくりをしてしまうのは
あまり感心しません。



住まい生活Topへ