子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 資金計画で決まる住まいづくり > 住宅ローン完済時に、ヘソクリが1750万円つくれる資金計画

資金計画で決まる住まいづくり

住宅ローン完済時に、ヘソクリが1750万円つくれる資金計画





『住宅ローンが終わった時、1750万円のヘソクリができる方法!』
そんなことってあるのでしょうか?

実はあります。 しっかりとした資金計画をすることです。

 

それでは、その資金計画についてお話します。

資金計画
ハウスメーカー
 35坪の家を建てる
 借り入れ金額2850万円、年間返済額137万円、35年返済

工務店
 37坪の家を建てる
 借り入れ金額2100万円、年間返済額123万円、25年返済

ここでの借り入れの差額は、750万円です。

皆さん、この差についてどう思われますか?
土地探しや住まいづくりをする際、資金計画で失敗している人には、共通点があります。
多い?少ない?ほとんどの方がここで話が終わってしまいます。

しかし、ここからが重要です。
皆さん、よくお考えください。
ただ単に借り入れの差額750万円だけを見てはいけません。

(1)返済総額を考える
   ハウスメーカー  137万円x35年=4795万円
   工務店       123万円x25年=3075万円
   差額   4795万円−3075万円=1720万円

(2)金利を考える
 [25年間返済の差額による金利]+[25〜35年の10年間の返済額の金利]=57万円

   (1)+(2)=1720万円+57万円=1777万円 

つまり、35年後には約1750万円の貯金があるか、それともやっとっ返済が終わるか?
と、いうことです。

決して、目先の借り入れの差額だけに、とらわれてはいけません。

しっかりとした資金計画をすることで、幸せな住まい生活を手に入れてください。

 

住まい生活Topへ