子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 資金計画で決まる住まいづくり > 住まいづくりで失敗した人!

資金計画で決まる住まいづくり

住まいづくりで失敗した人!





『 私は、大丈夫だよ! 絶対だまされないよ 』

あなたもそう考えておられると思います。
私も、今のような情報化社会の中、さすがにもう、いらっしゃらないだろうと思っていました。

しかし、現実にはおられるのです。

そこのところを、今回はお話したいと思います。

『 限定3棟ということで、契約金を30万円支払い、契約したのですが、契約後予算に入れていなかった費用を、請求され困っています 』

この方の場合、契約の中に屋外給排水工事、屋外電気工事、カーテン、照明器具の費用が入っていなかったのです。

契約の時、確認すれば全く問題なかったでしょうが、確認しなかったためこのような結果になってしまいました。

建物の表示価格には基準がありません
住宅会社が一方的に悪いとは、なかなか言い切れません。
住宅業界全体の問題なのです。

『安くて気に入った土地を、建築条件付で購入しました。 その時、40坪の家が1800万円でできるということでした。 しかし、実際に建物の見積もりをしたら400万円も増えてしまい困っています』

この方の場合、最初の土地契約の際、建物はだいたい坪45万円でできるという
営業マンの言葉を信用してしまった。 しかし、実際打ち合わせしていくとオプション工事、オプション工事で坪10万円も高くなってしまった。 と、いう例です。

これは、土地を安く売り土地の利益を、建物の価格にオプション工事をつけて、帳尻を合わせる手法です。

この失敗例に共通していることは
『 不自然な程、営業マンが急いで契約しようとしている 』 
『 住まいづくりに総額いくらかかるか? と、いう一番大切な事を忘れている 』

この2点です。

あなたも、あなた自身を守るためには、最低限やらなければならないことがあります。

失敗しない住まいづくりは、まず”資金計画は総額でする”
この事を忘れないように、幸せな住まい生活を手に入れてください。

 

 住まい生活Topへ