子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 借金のリスクを解消する! > 住宅ローンには2通りの返済方法がある

借金のリスクを解消する!

住宅ローンには2通りの返済方法がある






住宅ローンには
(1)元金均等返済
(2)元利金均等返済
という2通りの返済方法があります

その2つの違いは
(1)元金均等返済
毎月返済する元金は一定でそれプラス月々の利息を払います。
つまり、『一定元金+利息』が毎月の支払額になるのです。

最初は大変ですが、だんだん元金が少なくなるので
後になればなるほど支払いは少なくなります。

次に
(2)元利均等返済
最初から最後まで支払う金額は同じです。
月々の返済額は(1)の元金均等返済よりも少ない額になります。
しかし、最初のお金は元本の返済ではなくほとんどが利息の返済に
当てられているので返済期間が長くなります。


例えば、2000万円を金利4.0%で借り入れ、
35年元利均等返済(ボーナス返済はなし)とした場合
月々約8万8千円支払うことになります。

この場合、何年後に元金を半分(1000万円)返し終わると思いますか?
なんと、23年後なのです


あなたは、このことについてどう思われますか?


しかし、実際には目先の返済額の少なさという理由だけで
(2)の元利均等返済を選ぶ方が非常に多いのです。


お金について考えるときはあいまいに考えるのが一番危険です。
目の前に具体的な数字を示されるとよく理解できます。

分かりにくい時は
遠慮なく数字を示してもらいましょう。
そうすれば、あなたの場合どちらを選んだ方が
より有利なのかよく分かります。



住まい生活Top