子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 失敗しない土地選び > 「がけ」 とは・・・

失敗しない土地選び

「がけ」 とは・・・






「がけ」 というと、今にも崩れそうな危険な崖を想像しますよね。
しかし、建築基準法では 「がけ」 は土地の周囲に2mを超える高低差のある場合をいいます。
ただ、傾斜面が土地に対して緩やかなときは 「がけ」 とはいいません。

 

台風や集中豪雨により、がけ崩れによる悲しいニュースが流れることが多くあります。
この原因は、樹木の伐採によるものや、不良な宅地造成などがあげられます。

そこで、建徳基準法では 「がけ条例」 というものを設け、大切な人命や財産を守るため建物の
位置やがけの形状などを制限しています。


「がけ条例」 (建築基準法施行条例第4条)

がけとは、傾斜面が土地に対して30度以上で、高さが2mを超えるものをいいます。
このような土地の周囲に建物を建てる場合には

【1】 がけの上に、がけの下端から水平距離が、がけの高さの1.5倍以内の場所に建築する
   ときは、ヨウ壁を設けなければなりません。

【2】 がけの下に、がけの上端からの水平距離が、がけの高さの2倍以内の場所に建築する
   ときは、ヨウ壁を設けなければなりません。

 ただし、上記の1.5倍、2倍という数値は各自治体によって違うことがありますので、
   最寄りの建築指導課へお問い合わせください)


下図を参考にしてください。

gake_hani.gif  

不動産屋さんから土地を買う場合、「がけ条例」 を簡単に考えていると、大きな出費や建物
の位置の制限を受けてしまいますので、ぜひ建築指導課または専門家にお聞きになることを
おすすめします。


住まい生活Topへ