子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 失敗しない土地選び > 地盤の落とし穴

失敗しない土地選び

地盤の落とし穴





土地を購入されて、これから住まいづくりをされる方にとって、
ここは非常に重要なところです。


ぜひ、お読みになってください。

まず、私の経験からお話しします。
約3年前のことです。 お客様が、いい土地を買ったから住まいの設計をして欲しいと、私のところへ来られました。

私は、お客様と現地へ直行しました。
確かに環境もよくて、住宅地には最高のところでしたが、もともと田んぼを約2mくらい埋め立てた土地でした。

私は、お客様に 「今、ここに家を建てると不同沈下を起こすから、やめた方がいいですよ」 と言いましたが、お客様は 「土地代金を払って、所有権移転登記も済んでいるから、何とかして欲しい」 ということで、結局そこに家を建てることになりました。

地盤調査をし、ベタ基礎にして鋼管杭を支持層まで打ち込み、さらに玄関ポーチのタイルが割れる恐れがあるので、その下にも杭を打ちました。

さらに、お客様は 「家の周りに、車庫や犬走りのコンクリートを打ちたい」 と言われましたが、
これは諦めてもらいました。 というのは、車庫や犬走りも沈下するのが分かっていたからです。

もし、どうしても工事をしたいということになれば、その下にも杭を打って、コンクリートを鉄筋で補強する方法もありまが、そこまでする予算はありませんでした。
だから、今でも家の周りは砂利のままです。

そこで、地盤を見極めるときにはどうすれば良いか? を取り上げてみます。

この土地は、もともと田んぼや沼地ではなかったか?
この土地は、地震による液状化現象が発生しやすい地質ではないか?
この土地は、極端に盛り土をしないと家が建てられないのではないか?
近隣のブロック塀やヨウ壁、外壁が割れていないか?
前面道路を何回も舗装してはいないか?
前面道路のアスファルトが割れていないか?
この土地から出る排水は正常に流れているか?
地下水位の高いところではないか?
近隣の方にシロアリが多くないか? を聞く

いくら見かけがきれいな土地でも、様々な落とし穴があります。
失敗しない土地選びは、少しでも多くの知識を持って行動することです。



住まい生活Topへ