子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり成功の秘訣 > 「瑕疵担保責任法」 制度の浸透状況調査/国交省

住まいづくり成功の秘訣

「瑕疵担保責任法」 制度の浸透状況調査/国交省






「住宅瑕疵担保責任法」 は、2009年10月1日以降に新築住宅を引き渡す建設業者、宅建業者に対して保証金の供託か、保険の加入を義務付けています。

昨年6月の改正建築基準法では、制度の周知不足が建築確認業務の混乱の一因となり、
住宅の着工棟数が激減し、住宅供給に与えた影響が大きかったことから、
国土交通省は事業者や一般消費者への周知の徹底をはかります。

メディアを使った告知のほか、実際に制度が浸透しているかを確かめるため、
制度の浸透状況調査を実施します。


今後の具体的な取り組みとして

○ 制度内容のパンプレットなどを約26万社の建設業者、約13万社の宅建業者へ個別に送付。
○ 住宅ローンの申し込み時や住宅展示場などへのパンフレット配布。
○ 専門誌やマンション雑誌への制度を紹介する記事掲載を実施。
○ (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催の事業者向け講習会の開催や、
   全国各地での説明会の実施。


消費者のためにも、昨年のような改正建築基準法による建築確認業務の混乱は、
二度と起こしてもらいたくありません。

わが家を建てようにも建てられなかった方が、たくさんいます。
今回は、行政もしっかり対処してもらいたいものですね。



住まい生活Top