子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり成功の秘訣 > 省CO2推進モデル事業を採択/国交省

住まいづくり成功の秘訣

省CO2推進モデル事業を採択/国交省






国土交通省は6月26日、平成20年4月11日〜5月12日まで受け付けていた「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」に新築住宅4件を採択しました。

応募があった、戸建て住宅が100件、マンションが5件、非住宅である建築物に係るものが15件の中から選定しました。
今年度2回目の公募は8月1日から行う予定です。

この事業は、7月上旬をメドに学識経験者からなる評価委員会が支援対象となるモデル事業を選定することになっていました。


住宅関連のプロジェクトは次のとおりです。

◆ CO2オフ住宅 (積水ハウス)
建物のパッシブ設計思想、断熱化等の省エネ技術、燃料電池、太陽光発電の組み合わせで、快適な生活を損なうことなく居住段階のエネルギー消費に伴うCO2排出量をゼロに近づける近未来住宅。

◆ ハイブリッド換気住宅によるゼロエネルギータウン・プロジェクト (パナホーム)
複数住戸の敷地にまたがってクールチューブを埋設し、自然・機械併用のハイブリッド換気と組み合わせることで省CO2を実現する。
開発地区全10棟 (補助対象は9戸) での 「ゼロエネルギータウン構想」

◆ アルミ構造体を用いた複写式冷暖房システムを有する環境共生住宅 (宮下智裕/アトリエ天工人)
耐久性とリサイクル性を備え、熱伝導性が高いアルミの特徴を生かしたライフサイクルでトータルな省CO2住宅の開発。

◆ 太陽熱連携HP給湯器とグリーン電力システム利用 グリーンNetタウン/省エネ見える化プロジェクト (三洋ホームズ)
太陽光、太陽熱連携のヒートポンプ給湯器を導入した戸建て住宅を複数棟建設し、インターネット場に仮想タウン化する。 住民同士で省エネ競争を促進する。

国土交通省 報道表資料より)


いよいよ、建築業界の地球温暖化対策住宅も現実となってきました。
今後も工務店や工務店ネットワーク、他のハウスメーカーにも期待するものです。



住まい生活Top