子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり成功の秘訣 > 2重サッシ導入率大幅増、太陽光発電は1割以下/国交省 「住宅市場動向調査」

住まいづくり成功の秘訣

2重サッシ導入率大幅増、太陽光発電は1割以下/国交省 「住宅市場動向調査」






国土交通省はこのほど、2007年度の 「住宅市場動向調査結果」を発表しました。

これは、一戸建て住宅の建設、分譲住宅・中古住宅の購入、賃貸住宅への入居、住宅のリフォームの実態を調査し、今後の住宅政策の検討および立案の基礎資料を作成することを目的に毎年実施しているものです。

今回の調査によると、省エネ設備の整備状況についての、「二重サッシ」の普及率は特に注文住宅では、以前住んでいた住宅で2重サッシの導入はわずか5・8%だったのに対し、新築では導入率が77・4%に達しています。

ただ、分譲住宅では以前住んでいた住宅の4・6%に対し、36・7%にとどまっています。
リフォーム住宅でも16・3%から23・8%に増えた程度で、まだまだ普及していません。


また、「太陽光発電」 についても、注文住宅が9.4% (同0.6%) と1割近かったが、残りの住宅では1%〜5%台にとどまるなど、普及の遅れがめだっています。


このほか、特に新築の注文住宅では、高齢者対応設備の手すりを設置、室内から段差を排除、廊下などが車いすでも通行可能な幅にするといったケースが増えていることが明らかになりました。



住まい生活Topへ