子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり成功の秘訣 > 建築現場を見に行こう!

住まいづくり成功の秘訣

建築現場を見に行こう!






夢のマイホームの建築工事がはじまると、どんな家が完成するのか、とても楽しみですね。

建築現場へは、気軽にお出かけください。
工事を請負った住宅会社との、お互いにコミュニケーションを持ついい機会にもなるので、
ぜひ見に行ってください。

住まいづくりは、あなたと住宅会社の共同作業です。
現場の人たちとお互いの顔が分かれば、一緒に建てているという気持ちがいっそう高まります。

施主のあなたが顔を出せば、熱意が相手に伝わり、住宅会社のやる気が違ってきます。
あなたの熱意が、いい住まいづくりにつながっていきます。


実際に目で見て説明を受けるのと、何も見ずにただ説明を受けるだけとでは違います。
現場を見ていて分からないことがあれば、その場で棟梁さんや担当者に聞くこともできます。

疑問なことや不安なことをそのままにしておくと、
その疑問点を出したときはすでに遅く、やりかえになってしまうこともありえます。

それを避けるためにも、住宅会社は、早いうちにあなたのいだく疑問点を知りたいのです。

あなたと住宅会社の気持ちがひとつになったときこそ、いい家ができます。
一番大切なことは、お互いのコミュニケーションです。


そこで、工事現場に行って中に入るとき、現場の大工さんや職人さんに
「ご苦労さんです」とか「お世話になります」と一声かけてあげてください。
そうすると、現場の人たちのやる気が一層高まります。

また、工事現場には作業に必要なさまざまな工具が置いてあります。
大怪我をすることもある危険な場所であるということを忘れないでください。
特に、小さなお子さまと一緒に見学に行かれるときには、くれぐれも注意してください。



住まい生活Topへ