子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり成功の秘訣 > 木にも命がある

住まいづくり成功の秘訣

木にも命がある





現存する世界最古の木造建築物は? というと、法隆寺ですね。
法隆寺の柱は、なんと、1400年以上も建物を支えてきています。

なぜ、こんなに持つかというと、
木は切り倒されてからが、だんだん強さを増していくからです。

木は呼吸するといいますが、本当に生きているんですね。
それで、強度が上昇するのはどれくらいの間かというと、
200年〜300年と言われます。


余談ですけれど、バイオリンも、
製作してから200年〜300年過ぎたころに、
最もいい音色がでるそうです。
これは、ちょうど、木の強さがピークのときと符号します。


私の祖父は宮大工でした。
祖父の建てた神社仏閣で、
天石勝神社(あまのいわかつ)と萬福寺本堂が、
現在、国の重要文化財に指定されています。

その祖父が、こんなことを言いました。
「木というのは、100年生きた木ならば100年、
1000年生きた木ならば1000年持んじゃ」

いい大工、いい棟梁が建てた家は、耐久性が抜群です。
木はだんだん強くなります。
その特長をあますことなく発揮させるのが、職人の技です。

あなたに応えてくれるプロの大工と出会えるかどうか、
ここに、住まいづくりの 「成功の鍵」 があります。

木の特長を発揮させ、
長持ちのする家をつくってくれる大工さんを
抱える工務店にめぐり合う事が大切です。




住まい生活Top