子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくり成功の秘訣 > 平面計画で注意することとは・・・

住まいづくり成功の秘訣

平面計画で注意することとは・・・





『 新築後に家族の絆がなくなった 』
こんな平面計画をしてはいけません。


アパート住まいの小さなお子さんがいる家庭での、ごくごく普通の光景です。
『 コラ !!   ドタバタしないの!』
『 もっと静かにしなさい!』

と、アパート中に大きな声が響きます。
あなたも、こんな経験ありませんか?

子供が大きな声を出したり、ドタバタするのは決していけない事ではないと、

分かっていても、ついつい大声で怒鳴ってしまいます。

それでは、住まいを新築したらこのイライラは解消されるのか・・・?
解消されるかもしれません。


しかし、新築したらしたで新たな問題がでてきます。
新築すると、アパート時代に比べて家の広さが倍増する方がほとんどです。

現在のアパートは、2DKといわれる間取りが主流です。
ですから、あなたが30坪くらいの住まいづくりをすれば、2倍以上の面積になります。

この結果
・ 今までなかった子供部屋ができて、家にいるのか? いないのか?
   
よくわからない。
・ 部屋が広くなってスキンシップがなくなった。

このように、何だか家族の絆がなくなったような気持ちになります。

ここで、今回の提案です。

平面計画で注意すること

まずお勧めは、LDK階段です。
子供たちが帰ってきても、必ずLDKを通らなければ子供部屋へ行けないようにする。

今までの、主流は
玄関ホール廊下階段廊下子供部屋
という動線でした。

この平面計画は、子供がいつ帰ってきたのか?帰ってきていても子供の声が聞こえにくいのが欠点です。

そこで、もう一つ、LDKを吹き抜けにする。
LDK
を吹き抜けにする事により、子供部屋がよく見えるようになる。


以上、2点が大切な平面計画です。

ぜひ、あなたも参考にしてください。

幸せな住まい生活を、手に入れられる事を心より望んでいます。



住ま生活Topへ