子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住宅ローン基礎講座

住宅ローン基礎講座

現在、住宅ローンは多種多様な商品があり、消費者にとって選択の幅が広がったと同時に、どの住宅ローンを選んだら良いのか分かりづらくなっています。

子育て世代にとって、住宅は一生に一度の大きな買物です。
そして、生活設計において、 「住宅資金」 は、「教育資金」 「老後資金」 と合わせて 「人生の3大資金」 といわれています。

人生で大きなお金が必要となるのは、住宅取得時だけではありません。
そこで、計画的に住宅選び、住宅ローン選びをすることが大切になってきます。

ここでは、住宅金融支援機構・CS推進部の所見をまとめてみました。






金利のタイプとは?

住宅ローンを選ぶ上で重要なポイントの一つが、金利です。

つい、目先の金利で住宅ローンを選びがちですが、金利には主に3つのタイプがあります。
ずっと金利が変わらないもの (返済額が一定)
返済途中でも金利が変わるもの (返済額が増減する)

がありますので、ご自分の生活設計に合った、金利のタイプを選ぶことが大切です。

「金利のタイプとは?」詳細はこちら

金利の決定時期

住宅ローンを選ぶとき、最も重要なのは 「金利」 です。
しかし、金利のタイプだけでなく、金利の設定時期を確認することも大切です。

「金利の決定時期」詳細はこちら

返済期間は、最長何年まで?

住宅資金はとても大きな金額です。
子育て世代の皆さんは、住宅ローンの借り入れ額も大きく、35年といった長い期間をかけて返済する方が多いことと思います。

「返済期間は、最長何年まで?」詳細はこちら

元利均等返済と元金均等返済とは?

住宅ローンの返済方法には、代表的なものとして
 元利金等返済
 元金均等返済

の2つの方法があります。

「元利均等返済と元金均等返済とは...」詳細はこちら

35年返済なら金利固定が安心

住宅ローンを選ぶとき、多くの人がフラット35を代表する固定金利タイプと、変動金利型や短期の固定金利期間選択型といった変動金利型タイプの、どちらかにするか悩みます。

日銀がゼロ金利政策を解除して以来、住宅ローン金利が上昇傾向にあることから、将来の金利上昇リスク対策をしっかり考えておくことが大切です。

「35年返済なら金利固定が安心」詳細はこちら

返済が短いと10年固定が有利?

当初は35年返済期間にしていても、繰上げ返済を行い20年程度で完済しようと思っている人。
定年退職のことを考えて、返済期間を短くしたい人。

「返済が短いと10年固定が有利?」詳細はこちら

金利の異なるローンを組み合わせる

変動金利タイプと固定金利タイプを組み合わせた、リスク分散型タイプの 「フラット35パッケージ」 というのがあります。

「金利の異なるローンを組み合わせ...」詳細はこちら

諸経費も含めて判断する

住宅ローン完済時までの総返済額を確認することは大事なことです。
そしてまた、それ以外にも諸経費をチェックする必要があります。

「諸経費も含めて判断する」詳細はこちら

リスクが取れるかどうかで選択

ここまでは、将来の金利上昇を仮定して、10年固定と全期間固定型とを比較した試算を
してきました。


しかしこれは、あくまで将来の金利上昇を仮定したシミュレーションです。

実際にどちらが得なのかを判断するのは、大変難しいことです。

「リスクが取れるかどうかで選択」詳細はこちら

無理せず返済する

住宅ローンを組む場合のリスクは、住宅ローン商品の選択以外にもあります。
借り手本人のリストラや転職などによる収入減や、家族構成の変化、予想外の出費といった
リスクを考えておくことも必要です。

「無理せず返済する」詳細はこちら

住宅ローンの利用で必要な費用は?

住宅を取得する際には、住宅購入資金以外に税金や様々な手数料、保険料、引越し費用
などが必要です。

これらは、ほとんど現金での支払いですから、住宅資金とは別に準備しておかなければ
なりません。

「住宅ローンの利用で必要な費用は...」詳細はこちら

住宅ローンの利用で必要な費用 その1

ここでは 【1】印紙代  【2】融資手数料  【3】フラット35物件検査手数料、について
ご説明します。

「住宅ローンの利用で必要な費用 ...」詳細はこちら

住宅ローンの利用で必要な費用 その2

ここでは 【4】抵当権設定登記費用  【5】抵当権設定登記手数料  【6】住宅ローン保証料 【7】保証会社事務手数料、についてご説明します。

「住宅ローンの利用で必要な費用 ...」詳細はこちら

住宅ローンの利用で必要な費用 その3

ここでは  【8】団体信用生命保険料  【9】火災保険料・地震保険料、についてご説明します。

「住宅ローンの利用で必要な費用 ...」詳細はこちら

繰り上げ返済

住宅ローンの返済中に、借入残高の全部または一部を返済することを繰り上げ返済といいます。

将来の利息を大幅にカットしたい方
住宅ローンの早期完済をしたい方
今は共稼ぎだが、将来の収入減に備える方にはお勧めです。

 

「繰り上げ返済」詳細はこちら

住宅取得時にかかる税金

住宅を取得するときには、建築費や購入費のほかに様々な税金がかかります。

住宅取得時に必要な税金は住宅ローンの手続き費用や引越し費用などと共に、
あらかじめ資金計画の中に組み込んでおくことが必要です。

 

「住宅取得時にかかる税金」詳細はこちら

住宅取得時にかかる税金 その1

ここでは、住宅取得時にかかる 【1】 印紙税  【2】 消費税についてご説明します。

 

「住宅取得時にかかる税金 その1」詳細はこちら

住宅取得時にかかる税金 その2

ここでは、住宅取得時にかかる 【3】 登録免許税についてご説明します。

 

「住宅取得時にかかる税金 その2」詳細はこちら

住宅取得時にかかる税金 その3

ここでは、住宅取得時にかかる 【4】 不動産取得税についてご説明します。


「住宅取得時にかかる税金 その3」詳細はこちら

住宅所有時にかかる税金


ここでは、住宅所有時にかかる 「固定資産税」 と「都市計画税」 についてご説明します。

 

「住宅所有時にかかる税金」詳細はこちら

住宅売却時にかかる税金


ここでは、不動産を売却したときにかかる譲渡所得税について、ご説明します。

 

「住宅売却時にかかる税金」詳細はこちら

住宅ローン控除

住宅ローン控除は住宅ローンを借り入れて、一定の要件を満たす住宅の購入や新築、増改築を行ったとき、入居日より一定期間 「所得税額から控除される」 制度です。

「住宅ローン控除」詳細はこちら

贈与税


住宅を取得するときに、親から住宅資金の一部を援助してもらう場合がありますね。
このとき一定額以上の贈与を受けると贈与税がかかります。

「贈与税」詳細はこちら

2009年度税制改正の最大の焦点/住宅ローン減税


住宅ローン減税は、2005年から段階的に縮小されてきましたが、2008年内の入居が最終期限となっています。

「2009年度税制改正の最大の焦...」詳細はこちら