子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住宅ローン基礎講座 > 返済期間は、最長何年まで?

住宅ローン基礎講座

返済期間は、最長何年まで?





住宅資金はとても大きな金額です。
子育て世代の皆さんは、住宅ローンの借り入れ額も大きく、35年といった長い期間をかけて返済する方が多いことと思います。

フラット35や財形融資の最長融資期間は35年、民間金融機関の住宅ローンも35年のものが
あります。


返済期間を決めるときは、退職時の年齢までの期間としたり、退職時も返済が継続する場合は、
繰上げ返済により退職後の返済額を減らすことを、考慮することも必要です。


フラット35や財形融資では完済時年齢を80歳としていて、住宅ローン融資申し込み時の年齢から80歳の誕生日までの期間が最長の返済期間となります。 (ただし最長期間は35年)

長期で住宅ローンを組む方が毎月の少なくて済みますが、当然のことながら長く借りる方が利子もふくらんできます。

無理をして、月々の返済ができるのか? できないのか? 不安になるような、短期返済計画を立てる必要はありませんが、できるだけ手持ち金を用意したり、余力ができれば繰り上げ返済をするなどの努力をして、可能な限り早めの完済を心がけたいものです。



住ま生活
Topへ