子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住宅ローン基礎講座 > 住宅取得時にかかる税金 その1

住宅ローン基礎講座

住宅取得時にかかる税金 その1





ここでは、住宅取得時にかかる 【1】 印紙税  【2】 消費税についてご説明します。

 

】 印紙税 (国税)

住宅を建築するときには工事請負契約書を、住宅や土地を購入するときには売買契約書を
作成します。


これらの契約書には、1通ごとに所定の収入印紙を貼り、印鑑などで消印することによって
印紙税を納めたことになります。


印紙税の税額 (抜粋)
    契約書の記載金額  工事請負契約書  不動産売買契約書
   100万円超 200万円以下      400
    2.000
   200万円超 300万円以下     1.000
   300万円超 500万円以下     2.000
  500万円超 1.000万円以下            10.000
 1.000万円超 5.000万円以下            15.000
 5.000万円超 1億円以下            45.000
 金額の記載のないもの              200
  (注1) 契約金額が1.000万円を超える各契約書に課せられる印紙税は軽減後の税額を記載しています。
       平成21331日までに作成されるものについて適用されます。


】 消費税 (国税・地方税)

建築工事請負代金や住宅の購入価格に対して5%の消費税がかかります。
土地の売買には消費税はかかりません。

ただ、一般の個人が住居している住宅を売買する場合には、消費税はかかりません。
なお、不動産会社が仲介を行った場合に支払う仲介手数料には、土地・建物に関係なく
消費税がかかります。


住まい生活Topへ