子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住宅ローン基礎講座 > 住宅売却時にかかる税金

住宅ローン基礎講座

住宅売却時にかかる税金






ここでは、不動産を売却したときにかかる譲渡所得税について、ご説明します。

 

譲渡所得税は、自分の所有物である不動産を売ったとき、譲渡所得に対して課税される所得税と住民税です。
譲渡所得とは、売却代金からその不動産の取得費と経費を引いたものです。

譲渡所得税は、所有期間が5年超の長期と、5年以下の短期に分けられます。
所得税と住民税を合わせた税率は、長期が20%、短期が39%となっています。

ただし、所有期間が10年超の居住用不動産を売却した場合は、6.000万円以下の部分の譲渡所得の税率は14%に軽減されます。

特例として、一定の条件にあてはまる場合は、3.000万円を超える売却益がなければ課税されません。
ただし、この特別控除を利用すると、新しく住宅を購入したとき住宅ローン控除が受けられません。



住まい生活Topへ