子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 住まいづくりと工法Q&A > 木造住宅は、火災に弱い??

住まいづくりと工法Q&A

木造住宅は、火災に弱い??






: 私は木造で住宅を建てたいと思っています。
しかし、
昔から木造在来工法は火災に弱いと言われています。
他の工法で検討した方がいいのでしょうか?

 

A: 木造住宅というと、これまでは火災に弱いというイメージがつきまとっていました

火災の原因の上位をしめるのが、放火・たばこ・ガスコンロです。
このほか、子供の火遊び・たき火・石油ストーブと、冬に火事が多くなっています。

火災は、自分でコントロールできることではないだけに、ふだんからの備えが重要です。
備えがあれば、被害を最小限にくいとめることができます。

その上、家も火災に強い家ならば、安心ですね。

現代は、どの工法でもそれなりの処理をすれば、耐火性を強めることが容易にできる時代です。
木造だから熱に弱いということは、過去のお話になってしまいました。

しかし、自由に工法を選べる時代であることも事実です。
あなたが納得できる工法で家を建てて問題はありません。


ただ、木造在来工法が住宅建築の70%を占めるという現実は、なぜなのでしょうか?

木造住宅は人が暮らすうえで素晴らしいということは、
建築に携わるものなら誰でも知っていることです。
日本の風土に合う住まいの代表は、文句なく、木造建築ですね。

現代の木造住宅は、火事に対して、圧倒的に強く生まれ変わりました。
あなたも、安心して木の家を建てることができます。



住まい生活Top