子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 間取り・プランQ&A > 敷地が狭くて、変形しています。

間取り・プランQ&A

敷地が狭くて、変形しています。






: 
敷地が狭くて変形しています。
敷地を有効に利用して、家を建てる良い方法はないでしょうか?

 

: 敷地の形には三角形、ひし形、台形などさまざまなケースがあります。

いくら狭い敷地でも、建ぺい率(建築基準法53条)、容積率(建築基準法52条)、などにより建物の面積の制限を受けます。

建ぺい率 : 敷地の面積に対する、建築面積の割合 (建築面積は建物の水平投影面積)
容積率   : 敷地の面積に対する、建物の延べ面積の割合

建ぺい率、容積率は用途地域、前面道路の幅員などの条件によってそれぞれ違います。
住宅の場合は都市計画区域外では、上記の制限が適用されません。

これは、地方自治体の建築指導係へ問い合わせると良いでしょう。

そこで、狭い敷地に家を建てる時には
外観を大きくして、中庭を設ける。 それにより開放感が生まれる。
平面的に十分な面積が取れない家でも、吹き抜けを設けることにより、立体的な広がりをもたす。
隣地境界いっぱいに建てると、採光が取れないのでトップライトを設け、天窓から光を取り込む。
 それにより開放感が生まれる。

など、設計の段階で工夫すると良いでしょう。


住まい生活Topへ