子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 失敗しない住まいづくり   Q&A > 住まいの結露に悩んでいます・・・

失敗しない住まいづくり   Q&A

住まいの結露に悩んでいます・・・






現在賃貸住宅に住んでいるのですが、窓や壁の結露に困っています。
将来、木造住宅を建てたいと思っていますが、結露対策がしっかりしたものをと考えています。

先日、住宅雑誌に外断熱の家と内断熱の家が載っていたのですが、どちらの方が結露防止に有効なのでしょうか?

A賃貸住宅にお住まいの方で、特に寒冷地にお住まいの方は結露の悩みが多いようですね。

カーテンが窓ガラスにへばりつくので、レースにカビが生えてすぐ色が変わる。
さらに、寒冷地では朝起きると、へばりついたカーテンが凍り付いている。

こんな思いをしたことはありませんか?
こんないやな思いは、経験したことがある人しか分からないかもしれませんね。


結論から先に言いますと、外断熱と内断熱は、どちらを選べば正解だということはありません。

ただ、ほとんどの住宅会社が、自社が採用している断熱方法だけが正解で、他はすべて駄目だと言っているように思われます。

もちろんそんなことはなく、それぞれにメリット、デメリットがあります。


ポイント1

外断熱、内断熱の強み弱みを、それぞれ知っておく。

例えば、外断熱の良い所を言っている情報に出会ったとします。
そうしたら、外断熱の悪い所を言っている情報を探してみてください。
内断熱の場合も同じです。

世の中には、必ず長所、短所の情報があります。
両方の情報をバランスよく集めることが大切です。

あなたが何を求めるかによって断熱方法は違ってきます。


ポイント2

この断熱方法がいいのだということはありません。
日本は南北に長く、それぞれの地域にそれぞれの気候、風土があります。

あなたが今、お住まいになっている地域のことを熟知している住宅会社に、結露に関する考え方を確認しておくことが大切です。


ポイント3

暖房方法を考える。

適切な断熱工法を取り入れても、暖房方法を間違ってはいけません。

例えば、せっかく良い断熱工法で建築しても、ファンヒーターを使って暖房している場合は結露が発生しやすいのです。

ファンヒーターは灯油を燃焼させるとき、大量の水蒸気を発生させます。
その水蒸気が窓ガラスに付着し結露がおきます。

結露対策のときは必ず、断熱工法と壁中の工法、暖房器具など、総合的な対策する必要が
あります。

そこの所をちゃんと提案してくれる住宅会社を選ぶことが大切です。


ポイント4

断熱工法、住宅会社、ご予算、担当者のレベルなど、住まいづくりで重要なのは一つでは
ありません。

さまざまなポイントがいくつもあります。
それらを総合的に判断することが大切です。

住まいづくりは、それぞれの地方で適切な断熱方法があります。
一概にこの工法が一番だと言うことはできません。

「じゃ〜どうしたらいいの?」 と、お悩みのことと思います。

解決策としては、
あなたが住宅建築を考えている会社が建てた、実際に住まわれている方の家に足を運んで
ください。

また、現場を何度も見ていただきたいのです。 かならず、得ることがあります。
そして、あなたの 「幸せな住まい生活」 を手に入れてください。



住まい生活Top