子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 子どものしつけ > 自分でお菓子の袋をあけられる?

子どものしつけ

自分でお菓子の袋をあけられる?






あなたは、自分の子どもにお菓子をあげるとき、袋をあけてから渡していますか? 

それとも、袋に入ったまま渡していますか?

最近は子どもが一人とか二人しかいない家庭が増えています。 ついつい細かいところまで手を
かける親が多いですね。

子どもがまだ小さくて、自分で開けられない1歳〜2歳の時期は無理ですが、3歳〜4歳くらいに
なれば、自分で開けられるようにならなくてはいけません。
子ども自身が考えて行うことを身につけさせましょう。

5歳〜6歳になれば、小さなハサミで切って開けることもできるようになります。
ハサミは危ないからと、親がすべてやってあげるのは、子どもの成長を止めてしまいます。

生活力は、英会話教室やスイミングスクールなどに通って身につけるものではありません。
毎日の生活の中で、自然に身につくものです。

この大切な時期に、親の過保護で子どもの生活力を損なうようなことをしてはいけません。
自分のことは、自分でさせるようにしましょう。
 


『ブログ・日記・SNS・リサイクル・悩み相談ピジョンが育児をサポート!』


住まい生活Topへ