子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 子どものしつけ > 「ペットを飼えば優しい子になる」って本当?

子どものしつけ

「ペットを飼えば優しい子になる」って本当?






「優しい心を育てるにはペットを飼えばいい」 と言う人がいますね。
たしかに、動物をかわいがることで、優しい気持ちを持つ子どもはいます。

例えば犬やネコを飼う場合、遊んだりなでたりするだけではオモチャと変わりがありません。
毎日欠かさず散歩をするとか餌をあげるという世話をすることで、生き物の命の大切さを知り、
相手の立場で考えることができるようになります。

つまり、優しさや思いやりの心は、ある行為を通して芽生えてくるものなのです。

相手の立場に立つということは、相手の生活や環境を知ることが必要です。
それはペットだけでなく植物でもそうですし、多くの人との交流からも生まれます。

世の中には子どもや大人やお年寄りがいて、自分より小さな人や、力の弱い人には優しくして
あげなくてはいけないと分かってきます。
そして逆に、自分が優しくしてもらったときに 「うれしい」 とか 「ありがとう」 と素直に思うことができるようになります。

そうすれば幼稚園や学校でも、勉強のできる子できない子、運動のできる子できない子、
いろいろな生活・環境にいる人たちのことを、自然に受け入れられるようになります。

そして、相手を思いやる心を持った、優しい子どもに成長してくれるでしょう。


『ブログ・日記・SNS・リサイクル・悩み相談ピジョンが育児をサポート!』



住まい生活Topへ