子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 子どものしつけ > 甘えと心のエネルギー

子どものしつけ

甘えと心のエネルギー






あなたは 「叱っても全然言うことを聞いてくれない!」 と悩んだことはありませんか?
そして、子どもが甘えてきたとき、どのような態度をとっていますか?
(ブログ・日記・SNS・リサイクル・悩み相談ピジョンが育児をサポート!)

人は生まれると母親と密な関係を保ちながら“甘え”を満たしていきます。
子どもは甘えることにより、心のエネルギーを高めていき、自立心が芽生え、親の“しつけ”も
うまくいきます。

心のエネルギーが低いと、なかなか“しつけ”がうまくいかないものです。

家庭内のストレスなどで母親自身の心のエネルギーが低下してくると、子どもに悪い影響を
与えます。
そんなときには、誰か優しく話を聞いてくれる人に、あなたの心を打ち明けることです。
そうすることで、あなたの心は少しでも和らぎます。

また、子どもに接するとき感情的になってはいませんか?
感情を無理やり押し殺すのも良くありませんが、そんなときには、沸き起こった感情に対し一呼吸
おくことで、あなたの気持ちを整理しましょう。

親子の信頼関係は、子どもの発育に大きく左右します。
まず、子どもの要求である“甘え”をしっかり受け止めてあげることが大切です。

信頼関係がしっかり築き上げられれば、「叱っても全然言うことを聞いてくれない」 ということが
なくなります。

ただ、“甘え”と“甘やかし”はちゃんと区別してください。
“甘え”は親に愛情を求めているのです。
“甘やかし”は子どものエゴを満たすことです。

ここのところを間違えないことが大切です。



住まい生活Topへ