子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 子どもの教育

子どもの教育





小さいときこそ 「読み聞かせ」


両親は子どもを、想像力豊かな人間に育てたいですよね。
それには、子どもにたっぷりと 「お話し」 を聞かせたり、絵本を見せながらの 「読み聞かせ」 が
いいでしょう。

「小さいときこそ 「読み聞かせ」」詳細はこちら

もっと子どもの個性をのばそう


親は子どもにいろいろな絵本や図鑑を与えたり、カードや絵パズルのようなものを買って
あげますね。 
また、動物園や水族館に行って本物を見せたり、体験させたりします。

「もっと子どもの個性をのばそう」詳細はこちら

感情・体・知能のバランスが大切!


英才教育で早くから子どもの能力を伸ばそうとする親がよくいます。

子どもが好奇心を示したことについて、早くから教育することは悪いことではありません。

「感情・体・知能のバランスが大切...」詳細はこちら

子どもの心に届く教育が大切!


子どもの知能を伸ばすために、いろいろなことを教えることは大切なことですが、多ければ多いほど良いというわけではありません。


例えば、1歳ころから毎日文字カードを見せて読めるようにしたり、一日中音楽を聞かせて音楽の才能を伸ばそうとする親がいます。

「子どもの心に届く教育が大切!」詳細はこちら

「どうして?」の答え方は年齢によって違う


子どもは3歳くらいから 「なぜ?」 とか 「どうして?」 と聞いてくるようになります。

多くのパパやママはそのたびに 「こうなっているからだよ」 と教えてあげますよね。


ところが、同じ質問でも子どもの年齢によって答え方に工夫をすると、子どもの知的好奇心を

もっと、ふくらませてあげることができます。

「「どうして?」の答え方は年齢に...」詳細はこちら

保育園は3歳以上から!?


一般的に、子どもが積極的に友だちをつくって遊ぶようになるのは、3歳前後です。

だから、幼稚園は3歳以上の子どもが対象になっている場合が多いですね。

「保育園は3歳以上から!?」詳細はこちら

ことばの発達に大切なことは?


子どもが1歳半くらいになって、少しずつおしゃべりを始めるようになると 
「自分の子どもはことばが遅い」 とか 「ことばがあまり出ない」 と気になりだしますね。

「ことばの発達に大切なことは?」詳細はこちら

ことばは個人差あせらなくても大丈夫!


ことばを話すようになるのは一般的に、1歳くらいからといわれています。
しかし、2歳になってもなかなかおしゃべりのできない子もいます。

「ことばは個人差あせらなくても大...」詳細はこちら