子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 子どもの教育 > 小さいときこそ 「読み聞かせ」

子どもの教育

小さいときこそ 「読み聞かせ」






両親は子どもを、想像力豊かな人間に育てたいですよね。
それには、子どもにたっぷりと 「お話し」 を聞かせたり、絵本を見せながらの 「読み聞かせ」 が
いいでしょう。

「語り聞かせ」 「読み聞かせ」 は子どもが大きくなってやろうとすると、抵抗する場合があるので、
小さいころから行うことが大切です。

まだ、おしゃべりのできない0歳児から始められてもいいですよ。
両親の声を聞くだけで、子どもは安心し 「お話」 の世界に入っていくようになります。

絵本の内容は、子どもが興味を持つものなら何でもいいです。
0〜1歳のころは、簡単な 「のりもの」 「どうぶつ」 などがいいですね。

少し大きくなってくると、本人に選ばせます。

本屋で買ってばかりいてはお金がかかるので、先輩ママから譲り受けたり、子ども同士で交換する方法もあります。

ただ、くれぐれも強制することのないよう気をつけてください。

また、同じ本を何度も 「読んでほしい」 とねだる子がいますね。
そのときは、その子の個性を尊重して、何度でも読んであげましょう。

いずれにしても、あせらずにゆっくりと、想像力豊かな子どもに育てましょう。



住まい生活Topへ