子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 親と子ども > 子どもを 「しかる」 ときには冷静に!

親と子ども

子どもを 「しかる」 ときには冷静に!






子どもを 「しかる」 ことは、けっして悪いことではありません。 
「しかる」 ことは、大切なことです。
しかし、最近は子どもを上手に 「しかれない」 親が多いと言われます。

子どもを 「しかる」 ことは、危険から身を守ったり、社会生活に必要な技術やルールを教えるためにも必要なことです。

しかし、感情的に大声でどなったり、手でたたいたりするのは、子どもは 「怒られている」 ことは分かっても 「何がいけないのか」 「なぜいけないのか」 を理解することができません。


あなたが感情的になっているときには、少し子どもから離れるなどして、冷静さを取りもどし、落ち着いてから 「なぜいけないのか」 「どうすればよいのか」 を教えましょう。


そんなときは、次のポイントに注意して 「しかる」 とよいでしょう。

 
・ しかるのは最小限に
 ・ しかる内容をはっきりさせる
 ・ その時その場でしかる
 ・ 一貫性を持ち、毅然とした態度でしかる
 ・ 兄弟や友だちと比較して、しからない
 ・ 人格を傷つけたり、否定するようなしかり方はしない


あなたが子どものとき、大人から言われていやだったことを思い出せば、「子どもに言って良いことと、悪いこと」 がわかるはずです。




住まい生活Top