子育て世代の住まいづくり、リスクの少ない住宅ローン、生命保険の見直し、不動産取得時の税金を知ることで、あなたの幸せな 住まい生活 を手に入れてください。

住まい生活.com > 子どもの社会性

子どもの社会性





集団生活をはじめたときの「親の役割」


ほとんどの子どもが、4〜5歳になると保育園や幼稚園に通うようになります。
子どもにとって集団生活は大人になるための非常に大切な経験を積むことになります。
そして、いろいろなことを吸収し、社会性を育てていきます。

 

「集団生活をはじめたときの「親の...」詳細はこちら

子どもに、もっと地域との関わりを持たせましょう

今の子どもたちは、地域社会との関わりができなくなっていると、よく言われます。
実際に住んでいる地域社会が生活の基本です。

「子どもに、もっと地域との関わり...」詳細はこちら

地域の行事に参加しましょう!

以前 「子どもは地域との関わりが大切。 地域の中で親子いっしょに何か役割を持ちましょう」 
と提案しましたが、ここでは、この実践編で 「地域の行事に参加する」 をお届けします。

「地域の行事に参加しましょう!」詳細はこちら

親戚の葬儀


「子どもが死を恐れたりするとかわいそう」 とか 「葬儀の場に騒がしい子どもはふさわしくない」 と、幼い子を葬儀に参列させない人がいます。


しかし、子どもが成長する過程で、むしろ積極的に参加させた方がいいですね。

「親戚の葬儀」詳細はこちら

子どもを一人の人格を持った人間としてあつかいましょう


よくサラリーマンで、課長に昇進した人がしばらくすると課長らしく行動できるようになりますね。

課長としての責任感も出てきます。 それは、周りの人たちが彼を課長としてあつかうし、
彼自身も課長として努力するからです。

 

「子どもを一人の人格を持った人間...」詳細はこちら